2021年度 夏クォーター

第1回6/4武田双雲さん
第2回6/11中林美恵子さん
第3回6/18白木夏子さん
第4回6/25能條桃子さん

夏クォーター第1回(6/4)

武田双雲 さん

SOUUN TAKEDA

書道家兼現代アーティスト

大学卒業後、NTTに入社。その後、書道家として独立。世界中で書道ワークショップを開催しており、2013年には文化交流使の指名を受ける。書道だけでなく、オーガニック食材や発酵食品を使った店舗のプロデュース、絵画などマルチに活躍している。

講義テーマ

なんでも、どんな状況でも楽しもう

授業の目標

感性を味わおう

夏クォーター第2回(6/11)

中林美恵子 さん

MIEKO NAKABAYASHI

早稲田大学社会科学部教授

埼玉県生まれ。
大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程修了。
米国ワシントン州立大学大学院政治学部修士課程修了。
米国在住14年間のうち、永住権を得て1992年に日本人として初めてアメリカ連邦議会・上院予算委員会スタッフ(国家公務員)として採用され、約10年にわたり米国家予算編成に携わる。

講義テーマ

社会で活躍するための10の習慣

授業の目標

社会と自分の接点を意識してみよう

夏クォーター第3回(6/18)

白木夏子 さん

NATSUKO SHIRAKI

ジュエリーブランドHASUNA代表取締役社長兼実業家

2009年、ジュエリーブランドHASUNAを設立。エシカル、トレーサビリティを意識し、未来へと受け継がれるジュエリーブランド”としてエシカル消費の普及につとめる。SDGsに関する講演活動も行っている。2017年にはCNNの「リーディング・ウーマン・ジャパン」に選ばれる。

講義テーマ

SDGsとエシカルなライフスタイル

授業の目標

SDGsと自分の接点を意識しよう

夏クォーター第4回(6/25)

能條桃子 さん

MOMOKO NOJO

No Youth No Japan代表理事

慶応大学経済学部に在学中、日本のよりよくするためのヒントを求め、デンマークへ留学。現地、若者と政治を親密にしている環境や仕組みを目の当たりにし、「若者が声を届け、その声が響く社会へ」をコンセプトにNo Youth No Japanを設立。Instagramを使って、若者へ政治や社会問題に関する情報発信をしたり、社会問題に抗議したり、と様々な形で社会活動を行う。

講義テーマ

No Youth No Japanってなに?

授業の目標

オーナーシップをもって社会とつながろう