2020年度 春クォーター

春クォーター第1回(5/15)

田中愛治 さん

AIJI TANAKA

早稲田大学第17代総長。早稲田大学政治経済学部卒業。オハイオ州立大学大学院修了、政治学博士(Ph.D.)。

東洋英和女学院大学助教授、青山学院大学教授、早稲田大学政治経済学術院教授や世界政治学会(IPSA)会長等を歴任し、2018年11月に第17代総長に就任。

大学時代は空手部に所属していた。みたらし団子が大好物で、自身のキャッチコピーとして「みたらしスパークル」を掲げている。

講義テーマ

「たくましい知性」を考えよう

授業の目標

「たくましい知性」を言葉にしよう

春クォーター第2回(5/22)

阿部広太郎 さん

KOTARO ABE

コピーライター。慶應義塾大学経済学部卒業後の2008年、電通入社。

入社当初は人事局に配属されるも、クリエーティブ試験を突破し、入社2年目からコピーライターとして活動開始。

「今でしょ!」が話題になった東進ハイスクールのCM「生徒への檄文」篇の制作に携わる。コピーライターの他にも、映画「アイスと雨音」や「君が君で君だ」のプロデュース、作詞家として「向井太一」や「さくらしめじ」に詞を提供するなど幅広い活動を行っている。

講義テーマ

自分の心をつかみ、人生の主導権をつかもう

授業の目標

伝わる言葉を身につけよう

春クォーター第3回(5/29)

是永大輔 さん

DAISUKE KORENAGA

アルビレックス新潟代表取締役社長。日本大学芸術学部卒業後の2002年、サッカー事業を展開していたIT企業にアルバイトで入社。

入社後は携帯電話サッカーサイトの編集長、ヨーロッパの有名サッカークラブの公式携帯電話サイトの立ち上げなどの活動を行う。

アルビレックス新潟シンガポール、バルセロナ、ブノンベンで代表取締役を歴任し、2019年にアルビレックス新潟代表取締役社長に就任。

講義テーマ

常識の枠を外そう

授業の目標

早稲田✖️◯◯でイノベーションを起こそう

春クォーター第4回(6/5)

脇雅昭 さん

MASAAKI WAKI

神奈川県国際文化観光局観光部長 兼 政策局知事室政策推進担当部長。東京大学法科大学院修了後の2008年に総務省に入省し、現在は神奈川県庁で国際観光関連の業務等に取り組む。

47都道府県の地方公務員と中央省庁で働く官僚をつなげることで、日本全体を有機的につなげることを目的とした「よんなな会」の代表でもある。

「よんなな会」では民間も含め総勢5000人を超えるネ ットワークが構築されている。

講義テーマ

オンラインができることを広げよう

授業の目標

日常をオンラインで取り戻そう

春クォーター第5回(6/12)

本間正人 さん

MASATO HONMA

京都芸術大学副学長。東京大学文学部卒業。ミネソタ大学から成人教育学博士号(Ph.D.)取得。

松下政経塾3期生、コーチング・ファシリテーション研究の第一人者、学習学の提唱者でもある。

ミネソタ州政府貿易局日本室長、松下政経塾スタッフ、NHK教育テレビ「英語ビジネスワールド」「実践ビジネス英会話」「3ヶ月トピック英会話」講師、大阪産業創造館「なにわ番頭塾」講師を歴任するなど特異な経歴を持つ。

講義テーマ

多様性を受け入れ、心を広く持とう

授業の目標

なし(5・6限一体型講義のため)

春クォーター第6回(6/19)

安田菜津紀 さん

NATSUKI YASUDA

Dialogue for Peopleの副代表で専属フォトジャーナリスト。上智大学総合人間科学部卒業。

東南アジアやアフリカなどの難民や貧困問題の取材と記録を行っている。そして日本国内では東日本大震災以降、陸前高田市を中心に被災地と寄り添う活動をしている。

TBSテレビ『サンデーモーニング』にもコメンテーターとして出演中。

講義テーマ

異文化感受性を高めよう

授業の目標

なし(6限は懇親会のため)