2019年度 夏クォーター

第1回今村久美さん
第2回村本大輔さん
第3回伊藤和馬さん
第4回脇雅昭さん
第5回山口揚平さん
第6回木村充さん
今村久美さんの写真

夏クォーター第1回

今村久美 さん

HISAMI IMAMURA

認定NPO法人カタリバ代表理事。慶應義塾大学環境情報学部卒。

2001年にNPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。「ナナメの関係」と「本音の対話」を軸に、若者たちの意欲と創造性を引き出すために、様々な形で教育活動に携わる。

他にも、中央教育審議会委員、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員会委員など、多くの肩書きを持つ。

講義テーマ

分断社会の静かな処方箋〜”ナナメの関係”で関係性をつなぎなおす〜

授業の目標

大学で学んだことを社会にどう還元するか言語化する

村本大輔さんの写真

夏クォーター第2回

村本大輔 さん

DAISUKE MURAMOTO

ウーマンラッシュアワー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)。

「電気はどこへ行った?」
原発を有するまち、福井県大井町出身。お笑い芸人として世に出て、ある時ワイドショーに出たことをきっかけに社会問題に関心を抱く。その後、自身の漫才のネタに社会問題を取り入れるなど、社会問題をお茶の間に近付けることに貢献。

講義テーマ

あなたの話が聞きたい!

授業の目標

自分の頭で考え、自分の言葉で行動する

伊藤和馬さんの写真

夏クォーター第3回

伊藤和馬 さん

KAZUMA ITO

Poli Poli CEO。慶應義塾大学商学部・在学中。

大学入学後、政治の距離の遠さに課題感を抱きユーザーが政治家を評価できるオンラインプラットフォーム「Polipoli」を作成。自らCEOとして、大学生活の傍らで政治により楽しく参加できるサービスの実現に向けて取り組む。

政治をエンターテインする起業家。

講義テーマ

政治をゲーム感覚で自分ごと化

授業の目標

文化を自分ごと化しよう

脇雅昭さんの写真

夏クォーター第4回

脇雅昭 さん

MASAHIRO WAKI

総務省官僚、「よんなな会」発起人。東京大学法科大学院卒。

総務省入省後、熊本県庁への出向を経験したことで、地方公務員と中央のネットワークの不十分さに課題感を抱き、全国の公務員を繋ぐ「よんなな会」を立ち上げる。以後、よんなな会のコミュニティを民間や学生にまで広げる。現在は神奈川県庁に出向中。

「日本で誰よりも呑みまくっている公務員」「官僚きっての人たらし」などの異名を持つ。

講義テーマ

私たちは文化とどう向き合うか

授業の目標

いまより一歩、好きな未来を作る

山口揚平さんの写真

夏クォーター第5回

山口揚平 さん

YOHEI YAMAGUCHI

事業家、思想家。早稲田大学政治経済学部卒、東京大学社会情報学修士。

外資系コンサルティング企業で数々の企業再生に携わったのち、独立。企業の実態を可視化するサービス「シェアーズ」をはじめ、複数の事業運営に携わる。著作多数。

専門は貨幣論、情報化社会論。

講義テーマ

「頭が良い」の定義が変わった

授業の目標

「考える」を再言語化する

木村充さんの写真

夏クォーター第6回

木村充 さん

MITSURU KIMURA

立教大学経営学部リーダーシップ研究所。東京大学大学院学際情報学府博士課程。

東京大学総合教育研究センター特任研究員を経て、2017より立教大学経営学部での現職に移る。経験学習をテーマに、グループワークを通じて大学生の主体的な学びを引き出す研究・活動に取り組む。

講義テーマ

ファシリテーション入門〜『すごいグループワーク』のコツ〜

授業の目標

ファシリテーションの持論を持つ