大隈塾の歴史

    

2002年

早稲田大学のGEC設置科目に「21世紀日本の構想」という科目名で授業が始まる

学生からの通称は、「大隈塾」

「本物と出会う」ことを通じて、「自立の精神」「知恵(インテリジェンス)」 「本物を見抜く力」「コミュニケーション能力」を養成する。また、混沌とする時代、予測不可能な状況の中で、どうやって難局を切り抜けたのか。そのケーススタディを毎回お招きする各界のリーダーたちから直接聞いて、自分の人生の指針とすることを目標にしていた。      

    

2015年

村田ゼミがスタート

従来の授業方針を大きく変更し、学生主体で新しい授業を再構築

    

2017年

科目名を「21世紀日本の構想」から「たくましい知性を鍛える」に変更

ゼミ名を「たくましい知性を鍛える 演習」に変更